ワイングート・ライヒスラート・フォン・ブール フォン・ブール・ボーン・ドライ・ロゼ 2017 WEINGUT REICHSRAT VON BUHL VON BUHL BONE DRY ROSÈ

通常価格
3,700 円(税込)
通常価格
販売価格
3,700 円(税込)
※6本セットのほうが 1,110 円お得です

ギフトラッピング・熨斗は、カート画面にて選択いただけます

#2016-

#3000円台

#deidesheimer

#dry

#germanwine

#germany

#homeparty

#midiumbody

#oldbarrels

#pfartz

#reichsratvonbuhl

#riesling

#rose

#rosewine

#stillwine

#sustainable&classic

#weingutreichsratvonbuhl

#wine

#サステナブル&クラシック

#スティルワイン

#ダイデスハイマー

#ドイツ

#ドイツワイン

#ドライ

#ファルツ

#ホームパーティー・手土産

#ミディアム

#ライヒスラート・フォン・ブール

#リースリング

#ロゼ

#ロゼワイン

#ワイン

#ワイングートライヒスラートフォンブール

#古樽

ワイングート・ライヒスラート・フォン・ブール  フォン・ブール・ボーン・ドライ・ロゼ 2017 WEINGUT REICHSRAT VON BUHL  VON BUHL BONE DRY ROSÈワイングート・ライヒスラート・フォン・ブール  フォン・ブール・ボーン・ドライ・ロゼ 2017 WEINGUT REICHSRAT VON BUHL  VON BUHL BONE DRY ROSÈワイングート・ライヒスラート・フォン・ブール  フォン・ブール・ボーン・ドライ・ロゼ 2017 WEINGUT REICHSRAT VON BUHL  VON BUHL BONE DRY ROSÈ

詳細情報

 

ヴィンテージ 2017
カラー・タイプ ロゼ辛口
ボディ ミディアム
スタイル サステナブル&クラシック
熟成樽 ステンレス
ドイツ
地方 ダイデスハイマー/ファルツ


 等級・格付け ヴァインマニュファクトゥール・ライヒスラート・フォン・ブール
葡萄品種 シュペートブルグンダー100%
アルコール度数 12.5%
容量 750ml
栓の種類 スクリューキャップ
提供温度 7-8℃
備考

 

【ワインについて】

シュペートブルグンダー種100%の極辛口ロゼ・ワイン。ラベルのドクロは、いかにこのロゼワインがドライであるかの象徴。 「甘くない」人生を楽しむための、ちょっとしたスパイスに。赤いベリー、微かなハーブのアロマ。しっかりした酸度とミネラル感。辛口な味わいは料理に合わせるのに最適。7˚-8˚Cに冷やして、特にタパスや、サラダなどの前菜に合わせるのがおススメです。

 

辛口ワインに定評のあるライヒスラート・フォン・ブール 

【ワイナリーについて】

ライヒスラート・フォン・ブールは、1849年にフランツ・ペーター・ブールによって設立されました。かのメンデルスゾーンもワイナリーを訪問したことがあり、彼らの作るワインの質の高さに驚き、友人宛の手紙に「しかし、もしあなたがライヒスラート・フォン・ブールに行ったことがなければ、”森のリースリング”というものが何かわからないだろう」と書き送ったそうです。

その後、フォン・ブールのワインは世界で最も高価なワインのひとつとなり、1869年のスエズ運河の公式開通式では、乾杯のために掲げられたグラスにフォン・ブールのリースリングワインが使われました。また、ドイツのオットー・フォン・ビスマルク首相もブールワインの大ファンでした。このように各界の著名人に愛され、ライヒスラート・フォン・ブールは、29ヘクタールのグラン・クリュ畑であるウンゲホイヤーの最高の区画を常に所有しています。

 

高品質なリースリングやシュペートブルグンダーを育むファルツの自然

 

ライヒスラート・フォン・ブールは、150年以上にわたって、家族経営のワイナリーとしてドイツで最も名高いワイナリーの輪に加わってきました。1849年の創業以来、ライヒスラート・フォン・ブールは、テロワールを主体とした時代を超えたスタイルでワインを造っており、流行に左右されることなく、常にダイデスハイマーとフォースターの最高の土壌にあるブドウの起源を大切にしています。ライヒスラート・フォン・ブールは有機栽培の認定を受けており、自然でサステナブルなブドウ栽培と最高のドイツワインという2つを両立しています。

 


 

2013年のヴィンテージからチームに加わったワインメーカーのマシュー・カウフマン (右)

 

ファルツは幅わずか9マイル(15km)の狭い土地で、芽吹き始めたブドウ畑、肥沃な果樹園、絵のように美しい木組みの村など、穏やかな風景の中に広がっています。栽培面積ではドイツで2番目に大きなワイン産地で、北に隣接するラインヘッセンに次ぐ規模を誇ります。ファルツはそこから南へ85kmのフランス国境まで伸びており、フランスのワイン生産地アルザスとの国境をなしています。西側はファルツァーヴァルトの高地によって守られ、冷たい風と激しい雨から守られており、東側はライン川の低地に接しています。ブドウの木と人の比率が600:1という、美しくのどかな風景を楽しむことができる場所です。

ファルツはブドウ栽培にほぼ完璧な条件を備えており、年間日照時間が約1,800時間と、ドイツで最も暖かいワイン生産地のひとつです。夏は乾燥していますが暑すぎず、冬は温暖で、地中海性気候に近い微気候が形成されています。土壌は砂岩、石灰岩、泥灰土、ロースローム、花崗岩、スレートなどさまざまです。石灰岩は特に北ファルツに多く、黄土とロームは南ファルツに多く見られます。2008年には、ファルツはほぼ5,500ヘクタールの栽培面積を持つ、世界最大のリースリング栽培地域となりました。

 

ファルツの中でも、様々な異なるテロワールが見られます

 

ファルツには、長く波乱に満ちたブドウ栽培の歴史があります。まずは紀元前550年頃のケルト人の墓から、ワイン醸造の痕跡が見つかりました。そしてケルト人の後、ローマ人がワイン造りを奨励しましたが、彼らがこの地を去った後、ワイン造りはすっかり放棄されてしまいました。7世紀にキリスト教の修道院がブドウ栽培を復活させるまで、ブドウ畑は休眠状態にあったのです。12~13世紀には、歴史的な文書や土地証書に、現在のようなブドウ畑の名前が初めて登場します。
17世紀には、30年戦争の略奪と略奪軍によって、この地域のブドウ栽培は壊滅的な打撃を受け、更に19世紀に入ると、ファルツのほとんどがフィロキセラの被害を受け、ヨーロッパのブドウの木の大半が壊滅状態に陥ったのです。

その結果、ノイシュタットのブドウ栽培研究所(Weinbauschule Neustadt)が設立され、研究を行い、現在も後進のブドウ栽培者を教育しています。その結果、この地域には、ドイツで最も古いブドウの木があるのです。樹齢400年近い古木から、今もトラミネール種のブドウが生産されています。

 

ファルツのワインづくりをけん引し続けるライヒスラート・フォン・ブール

 

Liquid error (sections/product-recommendations.liquid line 53): comparison of String with 0 failed

ドイツワインの商品

OINOSのENIGMA(謎)ワイン月刊定期便!

毎月OINOSが厳選する希少なワインを自動でお届けします。

内容はENIGMA(謎)!
お客様のお手元に届くまでのお楽しみです。

しかし、実際のお買い上げ価格よりも必ずお得な内容になるように組み合わせでお送りします!

普段ご自身では中々選ばないかもしれないタイプのワインを弊社が勝手にお届けします!

定期購入について詳しく見る

OINOS(イノス)の商品のこだわり

それは信頼できるものなのかどうか、興味深い商品なのかどうか、
そしてその商品はその土地に根付き愛されているものなのかどうかーー 
そういったことを大切にして我々は、商品を選びます。

実際に現地に足を運び、作り手と語り合い、向き合い、本物だと思えるものだけを選び抜くーー
一時の流行を追いかけるよりも格段に面白いものだと私は思います。  
- G.Anastasios -

OINOS(イノス)では、200以上の生産地に足を運んだ代表が、商品の味はもちろんのこと、生産者の信頼性やユニークな特徴など様々な観点で選んだ商品だけを取り扱っています。

商品のこだわりについて詳しく見る